~岡山市・サンノゼ市姉妹都市締結60周年記念事業~

岡山発 情報通信シンポジウム

高度ICT社会を開花させるビッグデータとサイバーセキュリティ


日時:平成29年9月10日(日)10:00-16:50
場所:岡山コンベンションセンター コンベンションホール


このシンポジウムに参加を希望される方は、以下のサイトから参加申込をお願いします。
ただし、FAX等で参加申込をされた方は、その必要はございません。
参加登録はこちら(FAXによる登録用紙はこちら)

「岡山発 情報通信シンポジウム」について

岡山市・サンノゼ市姉妹都市締結60周年を記念して、情報通信シンポジウムを岡山市で開催します。このシンポジウムの趣旨は、岡山大学と米・サンノゼ州立大学が共同研究を進めているビッグデータやサイバーセキュリティに関し、両大学の研究成果の中間発表を行うとともに、同分野の現状と今後の展望をテーマとするシンポジウムを開催し、情報通信に関するメッセージを岡山から発信することです。

講演者


Magdalini Erinaki

Magdalini Eirinaki
Associate Professor
College of Engineering, San Jose State University.

阿部匡伸

阿部匡伸
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

Thomas Austin

Thomas Austin
Assistant Professor
College of Science, San Jose State University.

山内 利宏

山内 利宏
岡山大学大学院自然科学研究科 准教授

妹尾 昌治

妹尾 昌治
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

野上 保之

野上 保之
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

村上 憲郎

村上 憲郎
元Google米国本社 副社長
兼Google日本法人 代表取締役社長

川口 洋

川口 洋
㈱ラックチーフエバンジェリスト

セッション

日時:平成29年9月10日(日)10:00-16:50
場所:岡山コンベンションセンター コンベンションホール

午前の部 (英語)

午後の部 (日本語)

午前の部(英語)

10: 00 -12: 10
WORKSHOP ON BIGDATA & CYBERSECURITY

Magdalini Eirinaki
Associate Professor
College of Engineering, San Jose State University.

阿部 匡伸
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

Thomas Austin
Assistant Professor
College of Science, San Jose State University.

山内 利宏
岡山大学大学院自然科学研究科 准教授

午後の部 (日本語)

13: 00 - 15: 10
ビッグデータとサイバーセキュリティの過去・現在・未来

妹尾 昌治
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

野上 保之
岡山大学大学院自然科学研究科 教授

村上 憲郎
元Google米国本社 副社長
兼Google日本法人 代表取締役社長

川口 洋
株式会社ラック チーフエバンジェリスト

15: 20 - 16: 50
パネルディスカッション
モデレータ

村上 憲郎
元Google米国本社 副社長
兼Google日本法人 代表取締役社長

パネリスト

境 真良
経済産業省 商務情報政策局 国際戦略情報分析官

武内 都将
株式会社ベネッセインフォシェル
ITサービス運用本部 本部長

川口 洋
㈱ラックチーフエバンジェリスト

Magdalini Eirinaki
Associate Professor
College of Engineering, San Jose State University.

Thomas Austin
Assistant Professor
College of Science, San Jose State University.

村上 昌己
岡山大学情報統括センター 教授

アブストラクト

午前の部(英語)

タイトル: ビッグデータ&サイバーセキュリティワークショップ

Magdalini Erinaki

MAGDALINI EIRINAKI

社会型リコメンデーションに基づく個々人に適した健康支援

ウェアラブル技術は、デバイスに搭載されたセンサーを使って日常活動をモニターし、ユーザが健康的なライフスタイルを送ることを可能とします。そのようなウェアラブルデバイスは、ユーザのプロファイルを設定したり、目標の達成を管理するためのモバイルアプリケーションと連携して動作します。しかしながら、そのようなアプリケーションは数多くの操作をユーザに要求するため、忙しいユーザであったり、目標達成意欲の小さなユーザは、しばらくするとアプリケーションを使わなくなってしまいます。一方、運動を継続させるためには、運動の効果をユーザに提示することが有効であることが知られています。 本講演では、社会型リコメンデーションシステムの適用例として、ウェアラブルデバイスで収集したユーザの活動データから得た知識を利用して、ユーザが継続的に運動するようになる健康支援方法について述べます。

ABE MASANOBU

阿部 匡伸

クラウドソーシング手法としてスマートフォンを使用したサウンドセンシング

講演者がおこなっている環境音にもとづく混雑状況の検出や可視化の取り組みについて紹介します。特に、岡山市と倉敷市で講演者が収録を進めてきた環境音データの可視化結果を示しながら、各都市が持つ特徴の異なりを音から読み取る試みを紹介します。

Thomas Austin

THOMAS AUSTIN

ファセット評価を行うコード変換によるWebアプリケーションの安全化

Webプログラミングはその開発者のプログラミングエラーによって、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、重要な情報の喪失など、様々な脆弱性を引き起こす可能性があります。これを避けるより良いアプローチは、Webコンテンツをよりシステマティックな方法で安全化することで、すなわち開発者が誤りを作りこんだとしても、ウェブアプリケーション自身がこれに対抗できるようにすることです。ファセット値は、機微な情報に対する複数の「ビュー」を計算することによって、この目的を達成しようとします。データが安全でない方法で使用されようとすれば、必ずデフォルトのビューを代用するようにします。この講演では、JavaScript Transpiler(コード変換コンパイラ)によるファセット評価について説明します。ファセット評価をサポートするようにJavaScriptコードを書き直すことで、JavaScriptインタプリタに特段の変更を施すことなく、クライアントとサーバーの両方でWebアプリケーションをより安全化することができます。

TOSHIHIRO YAMAUCHI

山内 利宏

スマートフォンのセキュリティに関する最近の話題

最近のスマートフォンセキュリティについて概観し、特に今後、セキュリティ面での考慮が必要となるプログラムとして、Androidで多くのアプリケーションで利用されているWebViewのセキュリティの課題について述べます。また、講演者が行っているWebViewを安全にするための研究について述べ、特にサンノゼ州立大と共同で研究したWebViewを利用するハイブリッドアプリケーションのセキュリティを向上させるアクセス制御手法について説明します。

午後の部 (日本語)

タイトル: ビッグデータとサイバーセキュリティの過去・現在・未来

Masaharu Seno

妹尾 昌治

岡山大学の取り組み紹介:医工連携と文理融合から生まれる医療統合科学研究科の設置計画

少子超高齢化など現代の日本が抱える課題は枚挙に暇がありませんが、これに対して様々な課題の解決に貢献しイノベーションの基盤を支える人材の需要が高まっています。こうした人材の育成には科学諸分野を統合した統合科学的アプローチが必要であり、この必要に応えるため、岡山大学はその強みを総合的に活かして平成30年4月に「大学院医療統合科学研究科」の設置を計画しています。本講演では、この新大学院の概要を紹介します。

Yasuyuki Nogami

野上 保之

文部科学省 高度IT人材を育成する産学協働の実践教育ネットワーク

文部科学省は、平成28年度より、大学の学部生に実践的な情報教育を行なうことを目的として、「高度IT人材を育成する産学協働の実践教育ネットワーク(enPiT)」という教育関連補助事業を立ち上げ、岡山大学は、その事業の分野の一つである「セキュリティ分野」に、東北大学等と共同で、「情報セキュリティ分野の実践的人材育成コースの開発・実施」という教育プログラムコースを提案し採択されました。本講演では、この教育プログラムの概要を説明します。

Norio Murakami

村上 憲郎

IoT, ビッグデータ、AI、が切り拓くICTの新地平

IoT、ビッグデータ、人工知能、という3つの言葉を新聞紙上で見かけない日がありません。そして、これらの言葉が指し示すICTの新地平は、「第4次産業革命」といった大変革を切り拓くと言われています。講演では、この3つの技術を概説すると共に、その相互連関とその結果として想定される「第4次産業革命」のもたらす「新しいものづくり」ついて素描してみます。

Hiroshi Kawaguchi

川口 洋

最近発生しているサイバー攻撃の事例から学ぶこと

大きく世間を騒がせている情報漏えい事件のみならず、サイバー攻撃による被害は後を絶ちません。攻撃を受けている多くの組織はその被害に気付いておらず有効な対策が取られていないのが実態です。サイバー攻撃から組織と事業を守るために備えておくべきことについて解説します。

アクセス